低速で走る車

車の後ろから車間距離をあけなかったり、追い越してきて急ブレーキをふんだりとあおり運転にはいろんなパターンがありますね。
10年以上前から10キロぐらいの速度で車を走らせる、いわゆる逆あおり運転みたいな人もいるようです。
見通しの悪いカーブの先に停車していたりもあります。
後ろからあおるのがあおり運転だと思っていたけど、こんなパターンがあるんですね
低速で走るのは地元では有名な人。
超低速で走らないといけないように仕向けた場合は強要罪、脅迫罪が成立する可能性があるけれど誰かが訴えるしかない。
自分の方があおり運転をされていると主張する高齢男性。
認知症の疑いもあるし、本人は本当にそう思っている可能性もありますね。

コメントは受け付けていません。