システムエンジニアの将来性

※向上心がない人は厳しい 
システム開発の現場には35歳定年説という言葉があります。35歳で終わりなのかというと、決してそういうわけではありません。しかし、企業に所属している場合は、ずっと普通のシステムエンジニアであり続けるということは難しいというのが現状です。
日本では年齢とともに給料が上がる傾向があります。もちろん、企業間でシステムエンジニアの常駐契約を行う場合でも、年齢の高いエンジニアは単価が高くなければ採算が取れなくなります。この時に相手企業側は、管理職であれば高齢であってもOKを出しますが、エンジニアであれば余程スキルを持っていない場合は、より単価の安い若いエンジニアを求めることが多くなります。そのため、管理職や専門職にスキルアップしていないエンジニアや、秀でた能力を持っていないエンジニアは年齢が上がるとともに社内での立場が悪くなります。
日進月歩のIT技術を追いかけるために日々勉強が必要になることからも、やはり向上心のない人が継続することは難しい職業となります。これはプロジェクトマネージャーが転職エージェントを使うときも同じです。

※海外からの影響
近年ではオフショア開発という手法が出てきています。これは、設計書の作成までは日本で行い、実際のプログラム作成とテストは賃金の安い海外に依頼するものです。言葉の壁や文化の壁があるため、オフショア開発したものの品質は日本で作成したものと比較すると落ちてしまいますが、それでもシステム開発のコストを抑えることができる点に魅力があります。これにより、プログラマや初級システムエンジニアといった下流工程の作業が海外に流出していることは事実です。しかし、要件を決めることや設計書を作成するといった上流工程は日本で行う必要があるため、上流工程ができるエンジニアには需要が多くあります。

※キャリアアップ・キャリアプラン次第で可能性はいくらでもある
先述した通り、特にアピールポイントのないシステムエンジニアであれば、続けていくことは年齢とともに厳しくなります。しかし、管理職や専門職へキャリアップすることができれば問題はありません。その他にも、独立する道や起業する道があります。

コメントは受け付けていません。