オチが微妙すぎて

好きな小説家さんの本でも読まないことがあります。
まさかのとか超能力など不思議な力とかホラーとか。
あとは政治関係とか、スポーツ関係とか。
高校生が主人公とかもあまり読まないかなぁ。
あらすじを読んで、ちょっと期待できないものは読みません。
そんな私は図書館で借りているので、この本は借りて読んだのか読んでいないのかがわからないことがあります。
この人の新刊なら必ずチェックするし、長めのタイトルにも覚えがあるようなないような。
あらすじを読むと面白そうなのに、読んだ記憶がぜんぜんない。
気になるのでとりあえず借りてみたら、やっぱりなんとなく知っているような気がしました。
半分くらい読んだらやっぱり前にも借りたと気が付きました。
オチが微妙すぎて忘れてしまっていたようです。