便利なもの

世の中には便利なものがあるものです。
インクがないのに、紙との摩擦でかけるペンとかよく考えつきますね。
半永久的に使えるのですからエコにもつながります。
ノリもテープもないのにどこにでもつく新しい機能の付箋もありました。
フェルトなど布にもつくなんて驚きです。
静電気を利用していて、表も裏も貼り付けが自由自在!
裏面はホワイトボードのように文字が消える優れもの。
でも消耗品である文房具が一つあればいいのなら、売れ行きも気になりますね。(笑)
今年のグランプリ、機能部門は万年筆のメンテナンスだけの紙。
紙の織り込んだ部分で先端を丸く切られた部分をペンの付け根、最後に余分なインクをふき取る。
私にはいいのかどうかは万年筆を使ったことはないのでわかりません。