それ本当に正解ですか

流行りのかっこうというものがありますよね。
ファッションにうとい私ですら知っているものは、おそらくほとんどの人が知っているんだろうなぁと思います。
90年代に流行ったトレンディードラマであった、肩にカーディガンをひっかけるというやつ。
濃い色のものを肩にしているのをテレビでもみかけます。
でもあれって芸能人でテレビ出演しているときにやるのならギリギリOKかなくらいしか思いません。
おしゃれにも見えないし、逆に「この人、この容姿で流行りを追っているんだね・・・」と失礼ながら思ってしまいます。
街頭インタビューに答えている人とかで見るのも、うわあぁ・・・・なことがありますし。自分に似合うか似合うわないかの判断は難しいですけど失笑されるのは嫌ですね。

薬剤師になりたいが・・・

将来の夢は薬剤師。がんセンターの薬剤師なんかに憧れます。
ですが、両親は反対しています。
学費がかかることが、原因なのかと私は思っていましたが、どうもそうではないようでした。
どうして賛成してくれないのかと、しつこく聞いてみると父親が薬学科へと通っていたのですが、途中で脱落したことがわかりました。
その父の薬剤師になるという夢に付き合ってきたのが、母でした。
二人とも薬剤になるための6年間という長い年月と、勉強の大変さ・・・
もちろん費用はかかりますが、卒業して受験資格をとったとしても国家試験に受かるかどうかはわからないという、自分達が失敗したことからきている不安でした。
だから賛成してくれなかったのです。
6年も勉強するのなら、普通に仕事についてそして幸せな結婚をして欲しいと言われてしまいました。
子供としては両親の気持ちを考えると複雑でしたが、やはり私は薬剤師になりたいのです。
免許を取得することはタ変なことだとわかっていますが、それでも挑戦したいという気持ちは変わりませんし、自分で調合もしてみたいという思いもかわりません。
とりあえず、納得の行くところまで挑戦してみようと思っています。