痛風を克服するためにすることは、体重を減らすことも大事です。
1キロから2キロ減ったあたりからその効果は目に見えてきます。
何故体重を下げると尿酸値も下がるのか
腎臓から排出するのに内臓脂肪が増えると尿酸を妨げる
インスリンの働き低下、糖分を取り込めないとたくさんのインスリンが分泌、尿酸が血液に戻される。
そこで高尿酸血症になるのです。
体重を減らすと内臓脂肪が減って高尿酸血症を防ぐことが出来るわけです。
肥満の人は尿酸値が上がりやすい。
減量は一ヶ月に0.5から1キロ落とすくらいにゆっくりしたダイエットが良い
脂肪が燃えた残りかすが尿酸を逆に増やす。
極端なダイエットは逆効果
少しずつ落とした体重を維持することが大切。
尿酸値6以下を3、4年維持することができれば良い。