握るだけ運動

握るだけ運動をしてみましょう!
30%の力で2分間ハンドグリップをつかむ。
30%の力がすぐにわかるようになっているハンドグリップです。
このハンドグリップは日本では発売していないし、日本円で4万円もするそうです。
今までの運動療法を変えてしまうかもしれない大発見です。
たったあれだけの運動で血圧が下がるんですからね。
タオルを10分間握ることを自宅で4週間行った結果血圧が下がるという結果が出ました。
指がギリギリとどかない程度のタオルの厚み
2分握って1分休む。
2分間握り続けていようと思うと自然と30%の力になる。
握ると血流が悪くなりますが緩めると血圧がどっと流れる
NOが血管を柔らかくする。
こうした血管への刺激が続くと血圧が低くなる。
血管がしなやかで柔らかいことは重要です。
降圧剤に匹敵する治療法です。

転職は難しいと考えている人がとても多いのが残念

転職がここまで身近になるなんて、団塊世代の人は考えたことが無いでしょうね。その頃は終身雇用が最盛期を迎えており、会社が人材を最後まで面倒見ることを約束することにより、働き手は会社の為に全力を尽くすようになりました。その構図が上手く機能したことにより、高度経済成長を達成して、住みやすい環境を作ることに成功したのです。その頃を考えれば、今は生ぬるい世界になっているのかもしれません。この話は50代の転職活動中の社労士の方が言ってました。

時代はどんどん変わりますから、その都度変化を受け止めなければなりませんね。最近は終身雇用というのは時代遅れになり、転職をしてどんどん仕事先を変えていく「ヤドカリ雇用」が増えてきていると言われています。昔から考えればこの先どうなってしまうんだろうと不安になってしまうことも多いかもしれません。ですが、時代はそのようになっていますので、向き合わなければならないのです。

転職は難しいと考えている人は多いかもしれません。以前まではあまり浸透していないことに挑戦しようと考えているのですから、そりゃ難しいことも多いでしょうし、当たり前なのかもしれません。しかし、転職は思っている以上に難しいことはありません。だって、募集している企業がとても多いのだから。様々な選択がある中で選ぶ企業。これは不安ですが、ワクワクするような環境なのでしょう。